2014/08/10

第19回ディベート甲子園 最優秀指導者

最優秀指導者賞
【中学校の部】
札幌市立平岡中央中学校
清水顕史 先生
論題に関連する研究機関に生徒を率いて取材をさせるなど、社会とのつながりを意識した準備を重ね、5年ぶりに全国大会出場。ソフトテニス部の活動と両立させながらの計画的な指導で、2009年は全国大会3位、そして、今年はベスト8に導かれました。

【高校の部】
開成中学校・高等学校
神尾雄一郎 監督
卒業生として10年以上にわたり弁論部を指導。
聴き手である審判の立場を踏まえた適切なアドバイスで、中学校の部は2年ぶりとなる全国大会ベスト8、高校の部は同校史上初となる全国大会3位へと導かれました。


タグ:ご案内